2016年04月24日

ぼっけえ簡単な旧友の離婚協議書のサンプル


ぼっけえ簡単な旧友の離婚協議書のサンプル
裁判所による調停離婚・審判離婚・裁判離婚の場合、調停が成立した日・審判が確定した日・裁判が確定した日からそれぞれ10日以内に離婚届を提出しなければなりません。
離婚届の提出を委託された人が市区町村役場の戸籍課に届け出る前に夫婦のどちらかが死亡すると、婚姻中に死亡したことになり、離婚の効力は生じなくなります。
示談交渉など離婚当事者に代わって代理人になれる離婚専門家は弁護士だけで、行政書士や離婚カウンセラーは相談はできても代理することはできません。大きなトラブル(DVやギャンブルなど)がある場合は最初から弁護士に相談するほうがよいでしょう。
離婚届の不受理申出および取り下げができるのは離婚届の届出人である当事者夫婦の一方です。
養育費に関する内容も、口約束ではなく公正証書にすることが肝心です。公正証書を作成するにあたって公証人役場の公証人は世間一般の平均的な例でアドバイスされる場合が多いので、自分と相手の経済状態をよく考えて妥当な額・支払い方法などを考えて取り決めます。
ぼっけえ簡単な旧友の離婚協議書のサンプル


償えないから離婚を提案《JUGEM版》
離婚ぐらいは旦那に負けないゾ!《JUGEM版》
無事に離婚できますように
離婚は恥ではない《JUGEM版》
ゆりかんの新生活にむけて《JUGEM版》


posted by ゆかりんこ at 10:54| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。