2016年04月09日

速攻!不利な兄さんの再婚禁止期間


速攻!不利な兄さんの再婚禁止期間
未成年の子どもがいる場合、夫婦のどちらを離婚後の親権者にするか決めなければ離婚はできません。離婚届に親権者を記載していない場合は、離婚届は受理されません。
スマホを使えばメモも取れる・録音できる・写真が取れると離婚手続きにも大活躍ですが、デジタル保存されたものは一瞬にして消える可能性を秘めています。バックアップの取り方も学んでおきましょう。
薄々感じているかもしれないでしょうが子供さんに離婚を『いつ』『どのように』伝えるかは大問題です。後々まで尾を引きますので失敗は許されません。お子さんの状況をよく把握して慎重に行いましょう。
浮気や暴力など民法上の離婚原因があっても、相手が離婚に応じない限り協議離婚することはできません。
メールやSNSのログを保存する方法は知っていますか?こまめに保存していますか?もし離婚交渉でもめた場合、離婚専門家への相談の際にも役立つし裁判になった場合の証拠にも使える可能性が出てきます。
速攻!不利な兄さんの再婚禁止期間


すずしげに離婚《JUGEM版》
瀬戸際で離婚
転勤拒否リストラ経由離婚
離婚できたらラララララ!
強気で離婚手続きを進めたい


posted by ゆかりんこ at 02:19| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。