2016年04月04日

ちんまりとあきらかなあなたの養育費の相場


ちんまりとあきらかなあなたの養育費の相場
夫婦間に未成年の子供がいる場合、親権者を決めないと離婚できません。どちらが親権者になるか決めて、離婚届出用紙の欄に記載して提出すれば離婚は成立します。
離婚のうち約90%が協議離婚、調停離婚が9%、裁判離婚が1%となっています。
離婚自体は離婚届の提出で完了しますが、離婚した後の手続きは戸籍の移動・印鑑登録・年金・保険・引っ越し案内など多岐に渡ります。申請先に合わせて効率よく順番に済ませていきましょう。
以前は、夫婦の一方が責められるべき行為(有責行為)をした場合に離婚原因を認める傾向にありました。現在は夫婦の一方が有責行為をしていない場合でも、夫婦が愛情を失い結婚が破綻している場合に離婚原因が認められるようになっています。夫婦間で結婚が破綻しているかどうかが裁判離婚で離婚できるかどうかの基準になります。
離婚届を市区町村の戸籍係に提出すると「受付」てくれます。届出人に離婚する意思がなかったとしても形式的に適法であれば、市区町村長が届出を適法なものと判断して、離婚届の受付を認容する行政処分として「受理」します。受理によって届出としての効力が発生します。離婚の成立した日(戸籍に記載される日)は受理された日ではなく、受付の日にさかのぼります。
ちんまりとあきらかなあなたの養育費の相場


離婚で華麗なる転身
瀬戸際で離婚
離婚後の人生に期待!《JUGEM版》
まわりで離婚が急増中!
旦那のリストラ即離婚


posted by ゆかりんこ at 01:07| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。