2016年04月03日

こつん!優秀な隣近所の離婚協議書のサンプル


こつん!優秀な隣近所の離婚協議書のサンプル
財産分与の対象となる財産には現金・預金、不動産(土地、建物)、動産(家財道具、車など)、ゴルフ会員権、生命保険金、職業上の資格、営業用の財産、第三者名義の財産、法人名義の財産、退職金、年金・恩給、婚姻費用などがあります。債務(借金)もマイナスの財産として財産分与の対象となります。
離婚に際しての親権者の決定は、子どもの利益や福祉を基準にして判断します。つまりどちらの親を親権者の方が子どもにとって利益があり幸福であるかということを基準に決めます。
離婚自体は離婚届の提出で完了しますが、離婚した後の手続きは戸籍の移動・印鑑登録・年金・保険・引っ越し案内など多岐に渡ります。申請先に合わせて効率よく順番に済ませていきましょう。
一方の当事者に具体的な損害があって初めて慰謝料は請求可能になります。お互いに損害をこうむるような行動があった場合には慰謝料請求が認められません。慰謝料をアテにしすぎないようにしましょう。
結婚中の財産は、一般的に「共有財産」「実質的共有財産」「特有財産」の3つに分類されています。財産分与の対象となる財産は、「共有財産」と「実質的共有財産」で「特有財産」は財産分与の対象になりません。
こつん!優秀な隣近所の離婚協議書のサンプル


見苦し離婚《JUGEM版》
旦那のリストラ即離婚
離婚の方法を学んで得をする《JUGEM版》
離婚で眼をさます
全てを水に流す離婚《JUGEM版》


posted by ゆかりんこ at 06:21| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。