2016年04月13日

現在のきちんとした父さんの離婚相談の方法


現在のきちんとした父さんの離婚相談の方法
離婚届に署名・捺印して配偶者に渡してしまうと、話し合いが終わる前に離婚届を提出されてしまい、離婚が成立してしまって損をする場合があります。
慰謝料請求の時効は2年、財産分与の時効は3年です。『離婚届をとりあえず提出し離婚後に詳細を決める』といった取り決めは請求できなくなる可能性が出てきますので注意が必要です。
離婚届の署名・捺印は離婚しようとする夫婦それぞれ本人が行わなければなりません。
親権者の決定は、子どもの利益や福祉を基準にして判断します。つまりどちらの親を親権者の方が子どもにとって利益があり幸福であるかということを基準に決めます。
『大学進学の費用が養育費として請求できるか』が問題になります。判例では、大学教育をうけさせるだけの資力がある父親への請求で争いになった場合で、その子どもに大学進学の能力があれば大学教育を受けさせるのが普通家庭における世間一般の通例であるとして養育費を認めています。
現在のきちんとした父さんの離婚相談の方法


たった1ヶ月で離婚
ぐっどぐっど離婚《JUGEM版》
貧乏脱出離婚!
離婚したばかりの人を参考にする
女は離婚で羽ばたく《JUGEM版》


posted by ゆかりんこ at 01:29| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。