2016年04月11日

そっくり素晴らしい姉の離婚行政書士への依頼のしかた


そっくり素晴らしい姉の離婚行政書士への依頼のしかた
行動の第一歩目は『離婚届を役所でもらう』ではありません。離婚を決断するに至った経緯を冷静に振り返り、時間を追って出来事や気持ちをノートに書き記しておくことが大切です。離婚後の反省にも役立ちます。
条件が決まってもいないのに離婚届に署名してハンコを押してしまっているなら、その離婚届は破り捨てた方がよいでしょう。もし旦那様が急に提出してしまったら条件交渉も無くなる可能性が高いですから。
離婚に向けた別居の最中でも子どもの養育費を含めた生活費の支払いを求めることができます。婚姻費用の分担といって、夫婦は、夫婦と子どもの生活費を分担する義務を負います。
離婚届の不受理申出書の有効期限は6ヶ月です。離婚交渉が長引き、提出してから6ヶ月を越えそうな場合は再度提出します。
録音機に記録されたものは文字に書き起こし、デジカメで撮った写真はプリントしておくと良いでしょう。デジタル保存されたものは改ざんされる恐れもあります。アナログでもデジタルでも保管は慎重にしましょう。
そっくり素晴らしい姉の離婚行政書士への依頼のしかた


ぶっちゃ離婚だっけ《JUGEM版》
風のように離婚
爆発寸前!離婚前提!
一丁、離婚でもすっか《JUGEM版》
旦那が家庭を放り出した


posted by ゆかりんこ at 12:36| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。