2011年08月31日

おなじ 利口な他人の離婚届の提出


おなじ
利口な他人の離婚届の提出
協議離婚の場合、離婚届の印鑑は三文判でいいし、印鑑証明も不要、本人の筆跡かどうかも調査されません。書式さえ整っていれば受理されるため、配偶者の同意を得ることなく、勝手に離婚届を出すケースも出てきます。
離婚する夫婦の一方が生存中に郵送した離婚届は死亡後でも受理され、死亡の時に届出があったものと見なされます。
裁判で離婚する場合は、民法第770条1項で定められている離婚原因がある他に、将来、戸籍上の婚姻を継続させても実質的な夫婦関係への修復が不可能な事情が必要です。
経済的な問題・健康上の理由で離婚後の両親が子どもの世話をできない場合があります。親権者を決めたうえで、夫婦の協議または家庭裁判所の審判によって第三者に監護者になってもらうことができます。第三者というのは双方の親や親戚のはかに、児童福祉施設などがあげられます。
離婚のうち約90%が協議離婚、調停離婚が9%、裁判離婚が1%となっています。
おなじ
利口な他人の離婚届の提出
posted by ゆかりんこ at 15:18 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

よどおし! 心配のない姉さんの家庭裁判所の離婚相談


よどおし!
心配のない姉さんの家庭裁判所の離婚相談
複数の子どもがいる場合には、それぞれの子どもごとに、どちらが親権者になるかを決めて、離婚届に全員の氏名を記載します。
協議離婚は簡単な反面、財産分与や養育費など離婚時に決めておいたほうがよいことを決めないまま安易に離婚してしまいがちです。
養育費に関する内容も、口約束ではなく公正証書にすることが肝心です。公正証書を作成するにあたって公証人役場の公証人は世間一般の平均的な例でアドバイスされる場合が多いので、自分と相手の経済状態をよく考えて妥当な額・支払い方法などを考えて取り決めます。
未成年の子供がいる場合は離婚届の親権者欄が白紙の時は受理されませんので、親権者を決めて離婚届の用紙に記載する必要があります。
以前は、夫婦の一方が責められるべき行為(有責行為)をした場合に離婚原因を認める傾向にありました。現在は夫婦の一方が有責行為をしていない場合でも、夫婦が愛情を失い結婚が破綻している場合に離婚原因が認められるようになっています。夫婦間で結婚が破綻しているかどうかが裁判離婚で離婚できるかどうかの基準になります。
よどおし!
心配のない姉さんの家庭裁判所の離婚相談
posted by ゆかりんこ at 19:34 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たちまち 心配のない旧友の離婚準備の方法


たちまち
心配のない旧友の離婚準備の方法
離婚時の財産分与で、不動産(土地、建物)については、不動産鑑定士に頼んで鑑定してもらえば、正確な価値(価格)がでますが、鑑定に要する費用も馬鹿になりません。不動産の評価方法には定めがないので路線価、公示価格、購入時の価格など客観的にみて合理的と思われる方法を目安にするとよいでしょう。
未成年の子どもがいる場合、夫婦のどちらを離婚後の親権者にするか決めなければ離婚はできません。離婚届に親権者を記載していない場合は、離婚届は受理されません。
詐欺または強迫によって離婚に至った場合でも、詐欺を発見したり強迫を免れた時から3ヶ月を経過したときは離婚の取消権は消滅します。
未成年の子供がいる場合は離婚届の親権者欄が白紙の時は受理されませんので、親権者を決めて離婚届の用紙に記載する必要があります。
離婚したい一心から、離婚届にハンコさえもらえればいいといったような態度は危険です。
たちまち
心配のない旧友の離婚準備の方法
posted by ゆかりんこ at 08:56 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなり 有利な弟の公正証書の作成方法


いきなり
有利な弟の公正証書の作成方法
離婚届の提出は、離婚する本人が市区町村役場の戸籍課に行かなくても受理されます。
いったん離婚を決意しても離婚届を市区町村役場の戸籍係に提出する前なら離婚の意思は撤回することができます。離婚が有効に成立するためには、離婚届を提出する際に離婚意思がなければならないからです。
協議離婚する場合は夫婦で離婚を合意すればよく離婚原因に制限はありません。
乳幼児がいる夫婦が離婚する場合は、特別の事情がない限り母親が優先的に親権者になる場合が多いようです。
離婚届の役所への提出は持参でも郵送でも可能です。
いきなり
有利な弟の公正証書の作成方法
posted by ゆかりんこ at 02:04 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

あるいは ソンする女の財産分与の方法


あるいは
ソンする女の財産分与の方法
離婚後に子供に会うこと(面接交渉)が認められる基準は子どもの利益、子どもの福祉です。会うことで子どもに悪影響があるような場合には、権利はあっても面接交渉権は制限されます。
離婚届の署名・捺印は離婚しようとする夫婦それぞれ本人が行わなければなりません。
離婚する前に取り決めをしておくべき項目は、養育費、財産分与、慰謝料、親権者・監護者、面接交渉、婚姻費用などです。
離婚後に親権者を変更するためには家庭裁判所の調停が必要になります。
協議離婚の場合、離婚届の印鑑は三文判でいいし、印鑑証明も不要、本人の筆跡かどうかも調査されません。書式さえ整っていれば受理されるため、配偶者の同意を得ることなく、勝手に離婚届を出すケースも出てきます。
あるいは
ソンする女の財産分与の方法
posted by ゆかりんこ at 13:21 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しばらく 正しい私の離婚慰謝料請求のしかた


しばらく
正しい私の離婚慰謝料請求のしかた
離婚に向けた別居にかかる生活費・養育費の金額は夫婦が話し合ってきめますが、話し合いで決めらなければ家庭裁判所に婚姻費用の分担に関する調停を申し立てます。
訴訟で離婚請求できるのは、離婚を請求する側に先に述べたような民法上の離婚原因がなく相手にある場合と、離婚請求する側にも相手にも離婚原因がなく、夫婦生活が破綻していて修復の見込みがない場合です。
離婚協議書などの合意文書には法的な強制執行力がないので、合意内容を強制執行認諾文付きの公正証書にします。
離婚で親権者を決める場合、子どものおかれている現状を尊重し、現実に子どもを監護教育している親を優先的に親権者とする場合が多い。
経済的な問題・健康上の理由で離婚後の両親が子どもの世話をできない場合があります。親権者を決めたうえで、夫婦の協議または家庭裁判所の審判によって第三者に監護者になってもらうことができます。第三者というのは双方の親や親戚のはかに、児童福祉施設などがあげられます。
しばらく
正しい私の離婚慰謝料請求のしかた
posted by ゆかりんこ at 06:48 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

今日の あきらかな上司の協議離婚のしかた


今日の
あきらかな上司の協議離婚のしかた
訴訟で離婚請求できるのは、無責の配偶者から有責配偶者に対し離婚を求める場合と双方無責の場合です。
離婚する際、離婚届の役所への提出は持参でも郵送でも可能です。
未成年の子供がいる場合は離婚届の親権者欄が白紙の時は受理されませんので、親権者を決めて離婚届の用紙に記載する必要があります。
詐欺または強迫によって離婚に至った場合でも、詐欺を発見したり強迫を免れた時から3ヶ月を経過したときは離婚の取消権は消滅します。
婚姻費用の分担に子どもの養育費を含めた請求ができるのは、夫婦双方に別居の責任がない場合、夫婦双方に別居の責任がある場合、支払う側に責任がある場合です。
今日の
あきらかな上司の協議離婚のしかた
posted by ゆかりんこ at 20:16 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将来を考えた 不利な兄さんの離婚行政書士への依頼


将来を考えた
不利な兄さんの離婚行政書士への依頼
離婚届は1通で足るという取扱いをする役所が増えていますが、離婚届は本籍地の役所に提出する場合は1通、他の役所の場合は2通または3通となっています。本籍地以外の役所に提出するときは、戸籍謄本一通を添付して提出します。届出地の役所で事前に確認しておきましょう。
浮気や暴力など民法上の離婚原因があっても、相手が離婚に応じない限り協議離婚することはできません。
浮気や暴力など民法上の離婚原因があっても、相手が離婚に応じない限り協議離婚することはできません。
離婚する夫婦の一方が生存中に郵送した離婚届は死亡後でも受理され、死亡の時に届出があったものと見なされます。
協議で離婚を決めた場合に、催促しても養育費が支払われない場合は家庭裁判所に養育費の支払調停を申し立てます。
将来を考えた
不利な兄さんの離婚行政書士への依頼
posted by ゆかりんこ at 02:44 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

なんとなく 期待通りの私の離婚慰謝料の平均


なんとなく
期待通りの私の離婚慰謝料の平均
養育費、財産分与、離婚慰謝料については、誰が、いくら、いつまでに、どのようにして支払うのかを離婚する前に決める必要があります。
離婚して戸籍から出る場合でも婚姻中の氏を称することができます。離婚した日から3ヶ月以内にあるいは離婚届と同時に離婚の際に称していた氏を称する届を市区長村役場に出します。
離婚する夫婦の一方が生存中に郵送した離婚届は死亡後でも受理され、死亡の時に届出があったものと見なされます。
離婚時の財産分与で、不動産(土地、建物)については、不動産鑑定士に頼んで鑑定してもらえば、正確な価値(価格)がでますが、鑑定に要する費用も馬鹿になりません。不動産の評価方法には定めがないので路線価、公示価格、購入時の価格など客観的にみて合理的と思われる方法を目安にするとよいでしょう。
親権者の決定は、子どもの利益や福祉を基準にして判断します。つまりどちらの親を親権者の方が子どもにとって利益があり幸福であるかということを基準に決めます。
なんとなく
期待通りの私の離婚慰謝料の平均
posted by ゆかりんこ at 14:37 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おりよく 正しい他人の熟年離婚の作戦


おりよく
正しい他人の熟年離婚の作戦
協議によって離婚が成立した場合、当事者間で話し合って取り決めた内容を離婚協議書などの合意文書として書面に残します。
離婚で生じる可能性がある問題を事前に検討し、話合いの段階で問題をひとつひとつ解決するように心がけるべきです。
離婚時の財産分与の額および方法を決定する基準は事実上の夫婦共同生活の有無という実質的基準になります。入籍前の同棲期間中に貯めた財産も夫婦関係の実態のある限り内縁関係であったとしても財産分与の対象になります。
協議離婚は簡単な反面、財産分与や養育費など離婚時に決めておいたほうがよいことを決めないまま安易に離婚してしまいがちです。
離婚したい一心から、離婚届にハンコさえもらえればいいといったような態度は危険です。
おりよく
正しい他人の熟年離婚の作戦
posted by ゆかりんこ at 08:59 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。