2010年06月30日

実際的な あきらかな兄の離婚相談の方法


実際的な
あきらかな兄の離婚相談の方法
離婚届の役所への提出は持参でも郵送でも可能です。
詐欺または強迫によって離婚に至った場合でも、詐欺を発見したり強迫を免れた時から3ヶ月を経過したときは離婚の取消権は消滅します。
離婚届出用紙には夫婦双方の署名・捺印のほか、証人として成人2名の署名・捺印が必要です。
離婚届の不受理申出書や取下書は市区町村役場の戸籍係に常設されています。
協議離婚の場合は離婚原因には制限がなく、お互いが離婚を希望し離婚に合意すれ離婚できます。
実際的な
あきらかな兄の離婚相談の方法
posted by ゆかりんこ at 08:10 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

まえもって 不利な他人の公正証書を行政書士に依頼


まえもって
不利な他人の公正証書を行政書士に依頼
協議離婚の場合、離婚届の印鑑は三文判でいいし、印鑑証明も不要、本人の筆跡かどうかも調査されません。書式さえ整っていれば受理されるため、配偶者の同意を得ることなく、勝手に離婚届を出すケースも出てきます。
以前は、夫婦の一方が責められるべき行為(有責行為)をした場合に離婚原因を認める傾向にありました。現在は夫婦の一方が有責行為をしていない場合でも、夫婦が愛情を失い結婚が破綻している場合に離婚原因が認められるようになっています。夫婦間で結婚が破綻しているかどうかが裁判離婚で離婚できるかどうかの基準になります。
訴訟で離婚請求できるのは、離婚を請求する側に先に述べたような民法上の離婚原因がなく相手にある場合と、離婚請求する側にも相手にも離婚原因がなく、夫婦生活が破綻していて修復の見込みがない場合です。
離婚したい一心から、離婚届にハンコさえもらえればいいといったような態度は危険です。
夫婦が外国にいる場合は、その国駐在の日本の大使、又は領事です。
まえもって
不利な他人の公正証書を行政書士に依頼
posted by ゆかりんこ at 08:10 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

現在の 易しい同窓生の離婚年金分割のしかた


現在の
易しい同窓生の離婚年金分割のしかた
夫婦が外国にいる場合は、その国駐在の日本の大使、又は領事です。
親権を失うと子どもに対する親としての権利を全て失うような気持ちになりますが、親権を持たない親も子どもの扶養義務がありますし、子どもをどう育て、どう教育するかなどについて口を出す権利はあります。もし、子どもを引き取らない親が親権にこだわり離婚できないのであれば、親権とは分離して監護者を決めることもできます。親権者でなくても監護者になれば、子どもを手元において育てることができます。
離婚届は市区町村役場の戸籍課に取りにいきます。
協議離婚は夫婦が離婚に合意さえすれば成立し費用は戸籍謄本が必要な場合の手数料のみです。
協議によって離婚が成立した場合、当事者間で話し合って取り決めた内容を離婚協議書などの合意文書として書面に残します。
現在の
易しい同窓生の離婚年金分割のしかた
posted by ゆかりんこ at 08:10 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

随時受付! 不利な他人の養育費の請求


随時受付!
不利な他人の養育費の請求
家庭裁判所から養育費の支払いについて履行勧告・履行命令が相手方に出ても支払わない場合は、最終的には強制執行することになります。養育費の場合1ヶ月数万円ですので強制執行をしてもかえって費用がかかるなど、あまり実効性がありません。
年間20万件以上もある協議離婚のうち、2万件以上について不受理の申出がなされているのが実態です。
夫婦が共同して事業を行っている場合は、たとえ夫が事業主であっても夫婦が協力をして築き上げたものなので離婚時の財産分与の対象になります。
最高裁は昭和62年9月2日に判例を覆し、条件付きで有責配偶者からの離婚請求を認めました。
未成年の子供がいる場合は離婚届の親権者欄が白紙の時は受理されませんので、親権者を決めて離婚届の用紙に記載する必要があります。
随時受付!
不利な他人の養育費の請求
posted by ゆかりんこ at 08:10 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

おなじ 新しい男性の離婚弁護士の費用


おなじ
新しい男性の離婚弁護士の費用
離婚時の財産分与で、不動産(土地、建物)については、不動産鑑定士に頼んで鑑定してもらえば、正確な価値(価格)がでますが、鑑定に要する費用も馬鹿になりません。不動産の評価方法には定めがないので路線価、公示価格、購入時の価格など客観的にみて合理的と思われる方法を目安にするとよいでしょう。
以前は、夫婦の一方が責められるべき行為(有責行為)をした場合に離婚原因を認める傾向にありました。現在は夫婦の一方が有責行為をしていない場合でも、夫婦が愛情を失い結婚が破綻している場合に離婚原因が認められるようになっています。夫婦間で結婚が破綻しているかどうかが裁判離婚で離婚できるかどうかの基準になります。
協議離婚は簡単な反面、財産分与や養育費など離婚時に決めておいたほうがよいことを決めないまま安易に離婚してしまいがちです。
養育費、財産分与、離婚慰謝料については、誰が、いくら、いつまでに、どのようにして支払うのかを離婚する前に決める必要があります。
婚姻費用の分担は一切の事情を考慮して決まりますので、別居するに至った事情が問題となります。
おなじ
新しい男性の離婚弁護士の費用
posted by ゆかりんこ at 08:10 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

あるいは 有利な男性の協議離婚のしかた


あるいは
有利な男性の協議離婚のしかた
訴訟で離婚請求できるのは、無責の配偶者から有責配偶者に対し離婚を求める場合と双方無責の場合です。
婚姻費用の支払いを受ける側に離婚に向けた別居の責任がある場合は、子どもの養育費を除いて婚姻費用の分担義務は否定されます。
訴訟で離婚請求できるのは、離婚を請求する側に先に述べたような民法上の離婚原因がなく相手にある場合と、離婚請求する側にも相手にも離婚原因がなく、夫婦生活が破綻していて修復の見込みがない場合です。
離婚を急いで手続きを進めてしまうと、後になって後悔します。十分な離婚準備をして納得したうえで離婚届を提出しましょう。
子どもに対して暴行や虐待があったり、子どもを他人に任せきりになったり、行方不明になったり、子どもに労働を強制したり、親権者が責任を果たさず、養育する意思が認められない場合は、一方の親や親族、検察官、児童相談所の所長などが家庭裁判所に親権の喪失を申し立てることができます。
あるいは
有利な男性の協議離婚のしかた
posted by ゆかりんこ at 12:06 | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。